タワーマンション

集え、最上階オーナー! 相続税の節税対策としても有効なタワーマンションの最上階購入 – 最上階.net

最も節税効果が期待できる最上階物件

富裕層に人気の都心のタワーマンション。
購入のターゲットはズバリ上層階、特に最上階です。

節税対策に関心が高い方は既にご存じだと思われますが、最上階の物件を購入するのはもちろん住むためという理由もありますが、節税対策として購入するケースも少なくありません。

ではなぜ最上階なのでしょうか。

それはマンションの不動産評価額の算出方法にあります。
部屋数の多いタワーマンションなどでは、不動産登記法上の土地面積が小さく計算されるため、一般的に時価に対して評価額が小さくなります。
物件によっては50%程度まで小さくなることも。

この評価額は、あくまで土地面積から算出されるため、間取りがおなじであれば低層階でも最上階でも評価額は変わりません。
しかし、当然ながら高層階になればなるほど物件の価格は上がるため、時価と評価額の差が大きくなります。
つまり、最上階の物件が最も低層階との価格差が大きく、節税効果が高くなるというわけです。

 

最上階オーナー向けコミュニティサイトオープン!

最上階.net

本誌では、ビルやマンションの最上階オーナー向けの情報サイト「最上階.net」を立ち上げました。
最上階オーナーの会員向けに特別なイベントなど情報を提供するほか、前述のような最上階に関する様々な情報も掲載していく予定です。

現在、最上階オーナーの新規会員登録を受け付け中ですので、ぜひお気軽に会員登録、お問い合わせください。

最上階.net ウェブサイトはこちら